【PS2】アマガミ プレイレビュー

カテゴリ:ゲーム:アマガミ |
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
アマガミ 特典 数量限定「アマガミ特典ドラマCD」& Amazon.co.jpオリジナル「アマガミ卓上スクールカレンダー」付き

PS2ゲーム「アマガミ」ようやくプレイ開始しました。
ずっと後手後手になってました。

この手のゲームは、一旦やる気が遠のくとそのままスルーっていうのがいつものパターンだったのですが。
Amazonの箱から出すこともしないで積まれているゲームの一つになるところでした。

それをやろうと思ったのは、ラジオです(^^
ラジオCD 「良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート! 」 vol.1

やばいです、アマガミラジオ。
キミキスラジオもぶっ飛んでましたが。
アマガミラジオ、前回は何と別録り・・・。
ラジオ番組別録りって。。

そんなわけで、ラジオ聞いてるので未プレイながらやった気分に
浸ってたわけですが、ちょうどゲームの凪が来たので、
うたわれPSPまでにちょっとだけプレイをすることにしました。

PS2はホコリかぶってるのでPS3でプレイ。
大丈夫かなぁと思いましたが、普通にプレイできました。
途中で止まったら泣いていたでしょう(^^

で初回プレイの感想。

ラジオでも言ってた事ですが、主人公の性格・・・
いい性格してますね(^^;

ドMですね。
もう紛う方無くドMですね。

特に今回攻略した綾辻さんルートは。

ゲームシステムは前作に引き続きマッチング会話システムが健在、ですが、ずいぶんと変わりましたね。
話題袋からのチョイスというより、すでに決められた話題を見つける神経衰弱のような方式に変更。
全てめくれていると、ベスト状態と同じになるので楽なのですが4つある会話の最後の1つがめくれていないのを探すのがキツイ。。
一回ヒットした会話は二回目からはヒットしなくなるので、
やるたびに会話で盛り上げるのが難しくなるという・・・
妙にリアルだな、おい。。

イベントフラグが戦略SLGのヘックスのようになってるのはとても斬新(^^
ぶっちゃけわかり辛いですけどね。

にしてもこのゲーム、キツイ。
何がキツイって、もう神代の時代からの恋愛シミュレーションの鉄則をさせてくれない・・・
本命を攻めるのに、他キャラの出現イベントに触れないという技が使えません。。
時期が来れば強制的に出会いイベントが発生。

で、ほったらかすと疎遠になって・・・
本命攻略には関係ありませんが、妙に後味が悪いです。
唯と西園寺がくっつくイベントを必ず見せられるようで。。
(分からない方はスルーしてください。あなたは健全w)

基本的に、ほったらかすと誰かとくっつきます。
まぁそれは別にいいんですけど、いくらゲームでもそっけない態度を
平気で取られると、ちょっとだけ凹みます。。

時間的に誰彼構ってると、ベストエンドって厳しい気がします。
マッチングを100%攻略した状態なら話は別でしょうが。

普通にプレイしてたらそうはならないでしょうし・・・。
何より時間がかかりすぎます。

今回初回プレイで綾辻さんはスキエンドで無事終了。
面白かったです(^^

恋愛シミュレーションとしては、抜群に面白かったと思います。

最近のゲームはシナリオを重視しすぎてゲーム性がゼロだったり逆にシステム重視でシナリオはそっちのけだったりするものが多いですが、このゲーム、間違いなくヒットです。

1プレイ時間が若干長いですが、腰を落ち着けて半日ぶっ通しでやるなら、アマガミ世界に埋没できることでしょう(^^;
・・・いい時代になったものですね。
こんな恋シミュがでるなんて。




恋愛シミュレーションと言えば、ときメモですが・・・
私はどちらかというとこっちのほうが心に残ってます。
PS版もありますがFX版。
恋愛より喧嘩バトルシステムがステキ過ぎてはまってました。

華麗なコンボを決めるのにずっと部活を選択してたのも
懐かしい思い出です。

この頃のヒューネックスは輝いていたなぁ。

ファイアーウーマン纏組 【PC-FX】


追加情報をさがす≫ranking
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ソニーストア

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。