【PS3】ワンダと巨像 レビュー

カテゴリ:ゲーム:ワンダと巨像 |
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
ワンダと巨像
ワンダと巨像
(ソニー・コンピュータエンタテインメント)

PS3ゲーム「ワンダと巨像」プレイ開始しました。


めちゃくちゃ面白いです。中毒です。


まず眼を引くのがグラフィックです。凄まじい綺麗さです。
なんか巨像とかどうでもよくなるくらいキレイ。気がつけば巨像探さずに馬(アグロ)に乗って小一時間延々駆けてましたw
もはや環境ゲーム扱いです。

ひとしきり景色を楽しんだら、そろそろ本題の巨像を倒しにいくことにしました。
このゲームの目的は

「16体の巨像を見つけてぶっ倒すことで死んだ恋人を蘇られせる」

というものです。

巨像の居場所は剣が教えてくれます。
剣を掲げるアクションをすると剣から光が出て、倒すべき巨像の位置を教えてくれます。
なんかカッコいいですw
そして馬を呼び乗っかって、剣を掲げながら光の指す方角を目指すわけです。
なんか本当に映画のワンシーンのような感覚です。
無駄にBGMがないのもいいですね。
風景にあった鳥のさえずりとか風の音、水の音なんかが聞こえて、まるでそこにいるような匂いを感じます。

そしてたどり着いた先は岩でできた廃墟跡。近づくとBGMが変わりました。
巨像が近いようです。

廃墟をウロウロしていると、蔦のある場所で「つた登れます」的なヒントが出てきたので早速飛びつき上へ上へ。
アクションの操作方法は多くなく、ジャンプ、飛びつく、つかむというのが基本動作です。
1体目はチュートリアル的な敵なのでしょう。
アクションイベントがあるたびに教えてくれますので説明書を読む必要はありませんでした。
てっぺんまで来るとBGMが変わって巨像が登場。
で、でかい^^;

巨像の弱点も剣をかざせば教えてくれます。

巨像の倒し方は決まってて、

巨像発見→剣をかざして弱点を見つける→よじ登って弱点に剣をさす

これだけです。
これだけのシンプルな戦闘なのに面白いです。

まず剣をかざしても弱点の場所が曖昧です。見てすぐ分かるというのは稀だったりします。
近づくと光って分かる、といった程度に弱点となる紋章が巨像に刻まれています。

そして巨像によじ登る手段を見つけるのもまた楽しいです。
巨像には毛が生えてて(笑)その毛を握ってよじ登っていくのですが、一見よじ登れそうな毛が見当たらなかったりします。
そういう時に関係なさそうな場所、例えば膝裏とかを攻撃すると像が態勢を崩れ、よじ登れそうな場所があらわになったりします。
そのスキをついて登っていくわけです。
どこかパズル的な要素がありますね。

そして巨像を倒すシーン。
CMで流れているキャッチコピー「最後の一撃は、せつない。」の瞬間です。

少女を助けるため巨像に最後の一撃を与えると、像はスローモーションで崩れていきます。
助けるためとはいえ16体の巨像を殺していくわけですから、なんとも言えない感情にみまわれます。
巨像を倒すと、そこから黒い触手が無数に飛び出て、主人公であるワンダに突き刺さります。
突き刺さったワンダは気絶し、最初の少女を安置してある神殿に戻ります。
倒れたワンダの隣には一体の黒い影。
少女を助けるために殺した巨像の影なのか、像を殺すたびに黒い影は増えていきます。
ラストが気になって仕方ありませんよ^^

ストーリー的なものがひたすら語られる、というゲームではありません。
察するゲームなんですね、このゲーム。
だから、延々説明して欲しい人には向かないと思います。

またアイテムがわんさか出てきたり、武器がガンガン強化できる、というような類のゲームでもありません。
あるのは、剣、弓、馬、そして自分自身だけです。
回復アイテムすらありません。巨像に向かう道中にザコ敵がワラワラでてくるゲームでも無いですから。
ザコ敵というものがいません。ボス戦(巨像)のみをやるゲームみたいなものです。
金出して装備を強化するようなゲームじゃなく、プレイヤー自身のプレイスキルの成長が感じられるゲームです。

なお敵というわけじゃないですが、鳥とかヤモリとかいますwそして殺せます。
さらに尻尾の光っているヤモリは倒して尻尾を取ると腕力が上がります。
説明書には書いていませんが。(この辺の細かなことは攻略本に載ってます。)
こういった横道にそれるような行為を楽しんで出来るなら、この作品はハマりますよ。

クリア後の要素もあるようで強化アイテムのたぐいはクリア後にできるようになるタイムアタックの報酬のようです。クリア後もバッチリ楽しめそうです。

一点だけ、このゲームに不満点があるとすればカメラアングルです。
モンハンのカメラアングルはすんなり順応できたのに、このゲームは巨像を半分倒した現段階で未だに慣れていないです。

フィールドが広大なのに視界が狭くて岩陰の通路とかが見つけづらいです。
この視界の狭さは難易度をあげるためわざとそうしてるのだと思いますが、そういうの勘弁してください。
普通に面白い作品から気持ちよさを奪うようなことは辞めていただきたいところです。

また、アングルがキャラが立ち止まっていても勝手に動いたりします。
焦点を合わせても勝手に動きはじめるのでイラッときます。
勝手に動くのも難易度をあげるためだとは思いますがアクション以外の所で操作性を改悪するとか愚の骨頂です。

と最後に不満点をぶちまけましたが、私はどっぷりハマってます。
もう一体の場所だけ探してやめよう、とか思っても結局巨像倒すまで頑張ったり、そしてまた巨像探すまで・・・という無限ループに陥ってます^^;

ワンダと巨像
ワンダと巨像
(ソニー・コンピュータエンタテインメント)


ワンダと巨像 公式ガイドブック (ファミ通の攻略本)


ワンダと巨像 記事まとめ

追加情報をさがす≫ranking
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ソニーストア

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。