【書籍】貴志祐介「狐火の家」 文庫版が発売

カテゴリ: |
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
狐火の家 (角川文庫)
狐火の家 (角川文庫)
(角川書店(角川グループパブリッシング))

貴志祐介の「狐火の家」文庫版が発売されていました。
以前書いた狐火の家のレビュー
違いはあとがきが追加されてることくらいですね。

私は7月に発売された「鍵のかかった部屋」よりは面白いと思います。
手軽に読める短編推理ミステリーが読みたい、って人はいいかなぁと。
独特のサイコっぽい雰囲気を味わえる「黒い牙」は好きです。
もっとも、貴志祐介の大ファンではありますが推理小説なんていくらでもあるのでこの作品が突出して面白いから読んで!とは残念ながらちょっと言えません・・・。


追加情報をさがす≫ranking
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事

【書籍】隣の家の少女 レビュー
【書籍】雀蜂(貴志祐介)感想
【書籍】貴志祐介さんの新刊「雀蜂」が出てたので購入。
【書籍】「邪神艦隊」って……菊地秀行さんのクトゥルフ新作が艦これw
【艦これ】なんとコンプティーク2013年10月号が2度めの重版に。
【艦これ】コンプティーク2013年10月号の店頭販売は本日(9/26)かららしい。
【検定】クトゥルフ神話検定
【艦これ】コンプティーク2013年10月号の重版予約ができるらしい
「艦これ」付録でプレミア化してた「コンプティーク」重版決定。
【書籍】ダークゾーン(貴志祐介)の文庫版が出てたので購入
【書籍】夜までに帰宅(二宮敦人) 感想
【書籍】中井拓志さんのゴースタイズ・ゲート新刊 「世界ノ壊シ方」事件が来月発売予定に。
石橋蓮司さんがGoogle急上昇ワードに入ってたので思わず「ビニールの城」を読む。
【小説】悪の教典(貴志祐介)文庫版 読了
【書籍】悪の教典 文庫版発売。
【書籍】向日葵の咲かない夏(道尾秀介)感想
【書籍】月と蟹(道尾秀介)感想
【書籍】ゴースタイズ・ゲート 「イナイイナイの左腕」事件(中井拓志) 感想
【書籍】悪の教典の新書版で出てる
32年前、水木しげるさんが描いた福島原発の原稿「福島原発の闇」が19日に発売。

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ソニーストア

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。