【映画】パレード 感想

カテゴリ:映画 |
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


映画「パレード」をDVDで観ました。
この作品、映画館でしっかり観てるんですが感想書いてなかったですね。
いつものようにレイトショーで観に行ったら、観客がほぼ女性ばかりだったので女性向けを狙って作ったのかと思ったものです。

さてこの映画、都会でルームシェアをしている4人+1人の群像劇です。
全く前情報なく観に行ったら、ちょっと荒廃した青春映画のような雰囲気で結構いいなと思ってました。序盤は。
物語はこの一見、平穏に暮らす4人がそれぞれ薄氷の上にいるような生き方をしていて、それがある日突然、氷が割れるような展開を見せてくれます。
物語的には起承転結の転の部分なんですが、ぶっちゃけ転のところでぶった切って終わるので、多分賛否両論になるんじゃないかなぁと。
サスペンスやホラーだとこのパターンの終わりは結構普通なので、私的には楽しめましたが。
というか主人公が藤原竜也の時点で、終わりが見えるw
好きな役者ではあるんですが、もうキャラが付いちゃってるので何やっても「影のある役」になっちゃいますよね。
純粋な正義役なんてやろうものなら、むしろ裏切り行為ですよ^^;
そういった意味でも個人的には楽しめた作品でした。
ウワベの幸せを楽しみ、そこから実はドロドロというそんな作品が好きな人なら楽しめる映画だと思います。

追加情報をさがす≫ranking
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL

http://blog.seesaa.jp/tb/281766536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。