PSPの境界線上のホライゾンの初回限定版が安くなってるのでレビューを漁った。

カテゴリ:ゲーム:その他ゲーム |
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
だらだらとAmazonを眺めていたらPSP用ゲーム「境界線上のホライゾン」の初回限定版が70%オフの3,192円になってました。
その他の通販サイトでも最安値は4,980円だし、そもそも通常版のAmazon販売価格(マケプレではなく)が4,272円なので激安なんでしょう。



私は小説もアニメも見てないんですが、この作品自体どうやら1期、2期をなぞる話らしく、だったら別に知らなくてもプレイできるかなぁと思いながらレビューを漁ってました。
まとめると概ねこんな感じらしいです。

・ロードが長い!→これはパッチを当てることで改善される模様。
・バグ(フリーズ)多発。2回めの最終パッチを当てても治らない。パッチが5月以降ないので事実上サポートは終わりの模様。
・アニメをなぞる話だが、結局アニメも小説も見てないとストーリーが飛んでわかりづらい。
・やりこみ要素が多いというよりやらされている感じがする。
・眠気に襲われる
・原作ファンでも賛否両論。
・予約特典のミニゲームが本編。

うーん^^;
これは、二の足を踏むなぁ・・・。

そもそもRPGってジャンルなんですけど、肝心の戦闘シーンが良くわからないんですよね。
RPGで一番お目にかかるハズのフェーズだから、ここ肝でしょ?
戦闘ダメなRPGはクソゲーだと思うんで、そこを見たいんですよね。
公式ホームページの数点の画像だけでは何が何やら。

一応PVはあるんですが、これがまた薄ぼんやりとした解説で。

何か人を騙そうとしてるのではないかとすら思えてきます。
それにゲーム広告のPVにもかかわらず、Youtubeでみようとしたら動画の冒頭にCMが入るんですよ。
まだ音楽PVなら商品そのものを流してるわけでCM入れるのは分かりますが、ゲーム広告のPVにCM入れる角川はどう考えてるんでしょう。CM出たら動画切る人だっているので、やめたほうがいいんじゃないですかね。

それにしても発売されて4ヶ月が過ぎてますが、プレイ動画がほぼ皆無。
唯一と思われる戦闘パート部分のプレイ動画がこちら。

人によっては古臭いとも思える戦闘シーン。個人的には特に気にはなりません。
どちらかというと、戦闘前後に挟まるローディング。これは多分パッチで改善されたところかな。

実は同時期に発売されたVitaのニャル子さんもつい先日まで3,309円と激安中だったんですが、理由は不明ですが現在急騰して4,762円になってるんですよね。


なので、同じように値下がりしてる今のうちにちょっと買ってみようかなと思って調べてたわけなんです。
でもスルーかな。。

余談ながらVitaのニャル子さん、つまんないですよ、、
ほんとアニメを観てるのと変わらないんでオートプレイでプレイしましたけど、数分で画面が暗くなり無視し続けるとVitaの電源が落ちるんですよ。
これ販売元の5pb.にも伝えたんですけど、その後おまけSTGのステージの追加パッチを出してるのでその際に修正されたりしてくれてるといいんですが・・・と思ったらAmazonの1ヶ月前のレビューに
「えっとゲームその物は良いのですが、会話をオートにして見てると必ず画面が暗くなるので★3です」
とあるので、直ってないんでしょう。
5pb.、てかMAGES.め。高橋名人、開発にガツンと言ってください。

追加情報をさがす≫ranking
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL

http://blog.seesaa.jp/tb/374853754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ソニーストア

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。