【PC-FX】虚空漂流ニルゲンツのスペシャルイベント条件(大技林訂正版)とドッグファイト攻略

カテゴリ:ゲーム:PC-FX |
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
心に残るゲームは数あれど誰かに勧めるベスト5には入る作品として虚空漂流ニルゲンツがあります。




惜しむらくはこの作品のハードがPC-FXなこと。
あれだけ片っ端からプレステやサターンに移植されまくったFXのゲームですが、なぜかこの作品は完全スルーで移植されず。
昔はブルーブレイカーが移植されてはイラっときて、纏組が移植されてはイラっときてたものですが、今になってみると他ハードに移植されてたほうが、後々プレイする身としてはよかったのかなぁと思う今日このごろ。
FXのハードがぶっ壊れても他ハードに移植されてれば延命できたかもしれないですからね。
一応、移植されるにはされてますがPowerVRっていうパソコン用(PC3Dエンジン)なのでFXよりレア度は高い上に今の基板で果たして動くのやら。
開発元のマイクロキャビンは以前は自社のホームページBBSでニルゲンツ2の構想なんか話してたのに、今やパチ屋の傘下になっちゃいましたし……。
悲しい世の中です。

ニルゲンツの簡単なあらすじでも書こうとしたんですが、これ難しいなぁ。
軍上がりのパイロットであるデュンビットは、不時着している際に商隊船に拾われてそのままお抱え用心棒なパイロットになって、空賊と戦うっていうのが当初のストーリーなんですが、最終的に全然それどころじゃなくなっちゃうので。
プレイできる環境の人には……まぁやってみて下さい。
出来なくても、多分、プレイ動画が転がってることでしょう^^;

あった。


このゲームのジャンルはエアバトルRPGとなってます。
アドベンチャーパートとフライトシューティングのパートに別れてます。
FXといえばギャルゲー、ギャルゲーといえばフラグ立てて女の子攻略、みたいなところがありますよね。
でもこのゲームはそんなのありません。
女の子とイチャラブとか、皆無です。
ただ、アドベンチャーパートでフラグを立てることで特殊シーン(スペシャルイベント)が発生します。
これは男女関係なく存在していて商船のクルー全員にあります。
その昔大技林っていうやたら分厚い裏技集の本があったんですが、そこにはこのスペシャルイベント条件が記載されていました。
がそのままやると情報が不正確なため、イベントが上手く発生しません。
せっかくなので私のメモを残してきます。

スペシャルイベントのフラグは一度でも見逃すとそこから先発生しなくなります。
時間の範囲は+1時間くらいまでならOKのものもありますが、なるべくぴったり行きましょう。
また1度のプレイで全員のイベントが見れますので、時系列に記載します。

2章
5/11 19:00〜 サブブリッジ ・・・ラインイベント@
5/14 15:00〜 格納庫 ・・・ピエライベント@

3章
5/17 0:00〜 ラインイベント@を見ていれば自動発生・・・ラインイベントA

5章
5/22 9:00〜 格納庫・・・ピエライベントA
5/24 0:00〜 機外・・・ワッツイベント@

6章
5/26 16:45 話す→アイル、話す→ピエラ(2回)・・・アイルイベント@
5/29 9:00 母艦・・・ラインイベントB

9章
6/7 6:00 格納庫・・・教授イベント@
6/7 〜14:15 医務室・・・教授イベントA
6/7 14:30 教授イベントAを見ていれば自動・・・教授イベントB

10章
6/10 1:30 機外・・・アイスイベント@
6/11 19:00 サブブリッジ・・・ラインイベントC
6/14 13:00 格納庫・・・ピエライベントB

このゲームの醍醐味はシナリオもさることながら、ドッグファイトの楽しさがあります。
機体は戦闘機型のファイターモードと変形後の人型タイプのダイバーモードの2つのモードがあります。(ラストに更に変形が加わりますが)
各戦闘モードごとに技の概念があって、技ポイントを使うことで敵機との位置を優位にして倒していくわけです。
慣れないうちはこのドッグファイトがイライラすることでしょうが、なれて自在に技が出せるようになると楽しくて仕方なくなります。
敵が来た―、よっしゃー!ってなりますw

今からニルゲンツをプレイしようとする人なんてほぼいないんでしょうが、ついでにドッグファイトのポイントを書いておきます。

ドッグファイトの基本は「敵の真後ろを取る」または「敵の横っ腹を叩く」ことです。
まずはファイターモード、ダイバーモードの共通技である「右サイド」「左サイド」「上昇反転」「接近追尾」を覚えることです。

右サイド
敵が自機の右から左に横切ってくるようならこの右サイドを仕掛けます。すると敵の左後ろにつけることが出来ます。真後ろにつけるまで右サイドを実行、真後ろに着いたら接近追尾。あとはショットで倒せます。

左サイド
右サイドと真逆の技です。敵機が左から右に横切ってくるようなら使います。

上昇反転
敵が真正面から向かってきた場合、自機が重なるタイミングで実行します。
ヘタすると自機が敵の前に来て撃たれる可能性がありますので、事前に速力のないダイバーモードにしておくと安全です。(がもっとうまい方法がありますので後述)

接近追尾
敵の後ろにつけたら迷わず接近追尾を連発。敵の技ポイントを削り切ったらひたすら弾を打ち込みます。

ここまでは基本プレイ。
ここからが応用編。

敵機が真正面から迫ってきたら、ダイバーモードに切り替えておきます。
そしてゲットオン→上昇反転→接近追尾と技を使います。
これで敵の真後ろをとれます。

ラスト前まではこれだけ知ってれば戦闘で困ることはないです。
ラストはちょっと反則技なモードが登場しますが、いまドッグファイトの方法をど忘れしてるんで、やり直しますw
ルシファードライブという機構が登場するのですが、これがユーザーの間ではあまり良く思われてない、というか使いづらくて弱くなるとまで言われてるんですよね。
でもそれ慣れてないだけかと。
確か直進してくる敵の真横につける技があるのでそれ使って真横につけたらサイド→追尾でボコボコに出来たはずです。
その辺は折を見て追記します。

このゲームの敵で一番強いのは漂流中に襲ってくる「魚」ですからw

追加情報をさがす≫ranking
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。